自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言について

 

通常、遺言には大きく分けて2種類あります。一つは普通の方式によるもの、もう一つは特別の方式によるものです。

前者には3つあり、自筆証書遺言と公正証書遺言、そして秘密証書遺言があります。まず、自筆証書遺言は、文字通りその全文を自筆で作成するものです。次に、公正証書遺言は、公正証書によって作成する遺言です。秘密証書遺言は、作成自体は公証人ではなく自分で行いますが、封をして誰にも見られないようにし、その後遺言の存在を公証人に公証してもらうという遺言です。

この3つにはそれぞれメリットやデメリットがあります。自筆証書遺言は、自分で気軽に作成することが可能ですが、素人が作成するために形式や内容に不備がある可能性もあり、そうすると遺言が無効となったり、自分の思ったような効力が発生しなかったりする恐れがあります。秘密証書遺言も、遺言の存在自体は公証人に公証してもらえるものの、内容は自分で作成することになりますから、自筆証書遺言と同じような危険性が残ります。

一方で公正証書遺言は、遺言の文言を公証人に考えてもらうことができるので、形式や内容に不備がある恐れはありません。確かに、公証役場で手続を行うという手間はかかりますが、確実に遺言の内容と存在を相続人に残すという意味では優れています。

 

コメントは受け付けていません。