相続時精算課税とは

相続時精算課税とは、贈与者からの生前贈与の金額2500万円まで非課税にし、贈与者の相続が発生した時にその贈与財産と相続財産を合算して相続税額を計算する課税方法です。
この課税方法を選んだ贈与財産は相続開始3年前かどうかにかかわらず、全て相続財産に加えられます。価額は贈与時の価額になります。
贈与者ごとに相続時精算課税を選択することができますが、一度選んでしまうとその贈与者からの贈与財産は、その年分以降全てこの課税方法が適用されます。
この課税方法の対象者適用要件は、贈与が平成26年12月31日以前か平成27年1月1日以後に行われたかによって違います。平成26年12月31日以前であれば、贈与者は贈与した年の1月1日現在65歳以上の者、受贈者は贈与を受けた年の1月1日現在20歳以上の子である贈与者の推定相続人です。平成27年1月1日以後の場合、贈与者は贈与した年の1月1日現在60歳以上、受贈者は年齢は変わりませんが、贈与者の子である推定相続人と孫に範囲が拡大されました。
相続時精算課税を選択しなければ、従来の暦年課税の方法で税額を計算することになります。その場合、贈与者の相続発生時、相続財産の価額と贈与財産の価額を合算する必要はありません。ただし、相続開始3年前に贈与を受けた価額は加算しなければなりません。

コメントは受け付けていません。