遺産分割協議の注意点とは

 

遺産分割協議は、相続人間で不満が無い状態で遺産の相続を行えるようにするために必要不可欠な手続きですが、実施する際にはいくつかの注意点があります。
例えば、遺産分割協議は相続人全員の参加が原則となっています。そのため、中には被相続人の生前に一度も会ったことがない相続人からも同意を取り付けなければならない場合があります。面識の無い相続人に対しては、いきなり遺産分割の協議への参加を依頼されて戸惑う可能性を考慮して、丁寧に事情を説明して接することが重要です。
また、相続人の中に判断力が衰えている高齢者がいる場合も、協議に参加してもらって同意を取り付ける必要があります。判断力が衰えているからといって、その相続人以外の者たちで勝手に話し合いをすすめてしまうと、協議書ができた後で無効確認訴訟を起こされて、協議が無効とされてしまうことがあります。判断力に衰えの見られる相続人がいる場合は、成年後見制度などを利用しましょう。
遺産分割協議は、被相続人の相続財産の調査が終了して、全て明らかになった段階で実施するのが理想です。しかし、被相続人が生前にたくさんの財産を保有していた場合や、ある相続財産の取り扱いについて相続人間で争いがある場合など、合理的な理由が存在するのであれば、協議による相続財産の一部分割を行うことが、過去の裁判の判例から認められています。ただし、遺産の一部分割は、残りの財産を分割する際への影響を考慮して実施する必要があります。一部分割後のトラブルを防ぐには、それまでに相続人間で合意した事項や、一部分割による他の相続財産への影響を協議書に記載しておくと良いです。

 

コメントは受け付けていません。