いろいろある相続のタイプ

相続には、不動産や預貯金の他にもさまざまなタイプがあります。そのうちの幾つかをご紹介しましょう。
株式会社の株主が死亡した場合には、株式も相続の対象になります。たとえ、会社の承認なしで譲渡できない譲渡制限株式でも、相続の場合には譲渡と見なされないため、相続人に承継されます。相続人が複数いる場合には、遺産分割がされるまでは準共有状態となります。預貯金のように法定相続分に応じて分割されることなく、遺産分割協議を行って株式の帰属を決め、名義変更の手続きをとります。
会社に勤めていた人が退職金をもらわずに亡くなった場合に、遺族が代わりに受け取ることがあります。これを死亡退職金といい、被相続人の死亡から3年以内に支給が確定したものについては、相続財産と見なされ相続税の対象となります。ただし、全額が相続税対象ではなく、相続人が受け取った死亡退職金については、非課税限度額があります。
亡くなったときに貸付金がある場合には、これも相続財産になります。会社オーナーが会社にお金を貸し付けることはよくありますので、相続が発生する前に対処が必要です。
反対に、借入金がある場合には、相続財産から差し引くことができます。財産がなく借金だけの場合でも、法定相続分に応じて相続されます。

コメントは受け付けていません。