不動産譲渡にて必要なことについて

不動産譲渡とは所有資産を移転させることを言います。特に遺産相続で不動産譲渡が行われた場合には、自分たちで行うには複雑なので、ふつうは司法書士に依頼します。事前調査のために必要な書類は、固定資産税の納付通知書、権利書(被相続人が当該不動産を所有している可能性が高いが、生前に売却している可能性もあるので、登記簿で権利の把握をするため)、固定資産の納付通知書だけで不動産を確認すると非課税の私道を見落してしまわないように必要となる公図(法務局で取得できる)などです。また前記の書類で不動産の有無を把握した後には、法務局で登記事項証明書(登記簿謄本)が必要となります。事前調査が終わり、登記申請書に添付する必要な書類は次の通りです。不動産登記を行う際には収入印紙で納める登録免許税、固定資産課税台帳登録事項証明書(不動産の固定資産評価額を把握するため必要)、司法書士や家族を代理人にする場合に必要な委任状、不動産を取得する相続人の住民票抄本(謄本でも可)などです。また必要に応じて戸籍謄本・改製原戸籍謄本・除籍謄本・戸籍附票・住民票除票などがあります。その他に実務上必要な戸籍等の還付を行うために相続関係説明図を添付します。

コメントは受け付けていません。