カードローンと連帯保証債務

もし、被相続人がカードローンなどで連帯保証人となっていた場合、常に法定相続人となる配偶者と第一の優先順位となる子どもは債務額の2分の1を相続することになります。
つまり、連帯保証債務も承継することになり、支払いの義務も生じます。
カードローンだけでなく、融資全般の連帯保証人の場合も同じで、マイナスの財産も遺産の対象です。
このマイナス財産の相続については放棄することが可能です。
被相続人の死亡から3ヶ月以内に手続きをとることでカードローンの連帯保証債務の返済義務から外れ、支払うこともありません。
ポイントとなるのは、いつマイナスの財産を知ったかです。
法律では相続放棄は3ヶ月以内とされています。
しかし、借金の場合は隠していることも多く、死亡時から時が経って発覚することもあります。
期間外ですから、通常の規定からみれば受け継ぐことになりますが、相続放棄の3ヶ月以内の規定が財産の承継を知った時点ともなっています。
つまり、死亡時から3ヶ月以内ではなく、カードローンの連帯保証債務を相続することが分かった時点とも言うことができます。
従って、債務が分かった時点から相続放棄の手続きをとることも可能です。
相続放棄をとると、借金だけでなく積極財産もすべて放棄することにもなるので、その点は遺産全体から確認してみる必要があります。

コメントは受け付けていません。